Category起業

会社設立マニュアル 完全版

2016年3月末にアスツール株式会社を設立しました。絶賛プロダクト開発中!(サービス内容等については乞うご期待)

会社を作るにあたり、様々な手続きが必要になるんですが、意外にまとまった情報が無いんですよね。Google先生に聞いたり、先輩方から教えてもらい、なんとか無事設立できました。今後起業を決意した人が、サクッと会社を作れるように、「会社設立時の完全作業マニュアル」をまとめてみたいと思います。

そもそも法人をつくるべきなのか?

個人事業でやるのか、法人化するのか。法人化するなら株式会社か合同会社か。

このあたり、初めて会社を立ち上げる人は知っておくべき!会社設立で失敗しないための全手順 を読むとよいと思います。

個人的には、事業を大きくしていくつもりがあるなら、迷わず法人化するべきだと思います。

いざ、設立

第一関門は定款(業務内容・資本金・代表者・住所等、会社の内容を定義する書類)づくりです。Freee会社設立を使いましょう。このサービス無しに、自分でこんな書類を作った人もいるのか・・・と思うとゾっとするぐらいです。神サービス。

スタバで使ってみた税理士が贈る、会社設立freee+αのアドバイスも合わせて参考にさせて頂きました。

定款の内容を考えよう

Freee会社設立が決めるべき事を聞いてくれます。

会社名:お好きなものを。ぼくは会社のビジョン、ドメイン名の空き、なるべくア・Aではじまる名前がいいなと思って選びました。愛着と誇りを持てる名前にしましょう!

住所:僕は実務はコワーキングスペースでやっていますが、今後移転の可能性大なので登記は実家の住所にしました。法務局や年金事務所に行く時は、実家がある練馬区に行かなければならないのが唯一のデメリットですが、年に2-3回ぐらいしか無いのでそれほど負担にはならないと思います。

資本金:いくらでも大丈夫ですが、最低でも100万円はあったほうがいいでしょう。

発行株式数:慣行だと1株1万円だよ、みたいな記事も見かけましたが、ある投資家の方から、もしスタートアップをやるなら株はなるべく沢山発行しておいたほうがいいよとアドバイスをもらいました。外部調達を重ねて株主が増えてくると、株式を分割しなければならなくなるので。というわけで、3円 x 100万株で300万円の資本金とすることにしました。

会社印を買おう

これから沢山の書類にハンコを押すことになります。速攻でオーダーしちゃいましょう。

会社設立Freee上でもオススメの会社印が売られてて、それでもOKなのですが、僕はどうせ作るなら材質とか書体とかもう少し広い選択肢から選びたかったので、別途オーダーしました。

この記事を読んで、会社印ってどんなものかのイメージを掴みました。

実印(代表印)・銀行印・角印の3つを作るのが一般的のようですね。ぼくはInkans.comというサイトで、をオーダーしました(材質は黒水牛、書体は篆書体)

印鑑の有効性ってどうなのよ?と思ったりもしますが、行政の仕組み・商習慣に深く入り込んでいるので、ここは従うしか無いです。(だれかがディスラプトしてください)

会社印で犯した恥ずかしい間違い

届いた印鑑を使って、早速登記書類を練馬法務局に提出しました。登記はもちろん会社の実印を使うわけですが、そのときに皆さんなら下の印鑑のうち、どれを使いますか?

Screen Shot 2016-06-11 at 11.22.15

ぼくはてっきり一番右の一番大きな印鑑が実印だと勘違いしてしまい、これを押して登記書類を提出してしまいました。でも、実は正解は一番左のやつでした。

通例は下記のように使い分けるみたい。

実印(左):真ん中に代表取締役と書いてある丸い印鑑。契約書や登記書類に使う。言うまでもなく一番大事。

銀行印(中央):真ん中に銀行印と書いてある丸い印鑑。銀行への提出書類に使う。実印と分けることで安全性を保つ。

角印(右):でっかく社名がのってる四角い印鑑。請求書などに使う。

法務局の人は、別に役所としてはどんな印鑑でもいいので、このままでもいいですよ、と言ってました。でも、まだ契約書も何も結んでいない状態だったので、ちゃんと直したいなと思い、もう一度法務局に行って、登録印の変更をしてきました。

というわけで、印鑑を押すときにはしっかり陰影とカタチを確認してから押しましょう!

顧問税理士さんを探す

自分で全ての会計業務をやることも可能だとは思いますが結構たいへんです。日々、これは費用化できるのかな?この場合の仕訳はどうするんだろう?みたいな疑問が湧いてきますし、決算手続き時には業務が止まってしまう。法人税の計算は超難しい。それらを考えると、顧問税理士さんはつけたほうが絶対いいと思います。

私は3名の税理士の方とお会いした上で、鈴木会計事務所さんのスタートアップ期応援プラン(毎月の顧問料は無料、決算時8万円)でお願いすることにしました。

仕訳はMoneyFowardのMFクラウドを使って自分でやりつつ、分からないところを税理士さんFacebook messenger等で教えてもらっています。スピーディかつ的確にアドバイスを頂けるのでとても助かってます。

領収書を送って記帳(仕訳)まで全部やってもらうサービスを提供している税理士さんもいますが、立ち上げ直後だとそれほど費用の件数も多くないですから仕訳は自分でやってコストセーブすることにしました。実際、記帳・仕訳は1ヶ月合計で2-3時間程度ぐらいしか時間がかかってないですね。

会計ソフトを選ぶ

Freee or MFクラウド(by MoneyFoward)の二択でしょう。どちらも評判よいので、正直どっちでもOKかと。

このへんの比較記事が参考になるでしょう。あえて言うなら、Freeeのメインターゲットはフリーランスなどで簿記の知識があまりない人、MFクラウドは簿記の知識が多少ある人や法人、という感じでしょうか。

ぼくは、MoneyFowardの創業者の辻さんがソニー時代の先輩なので、MFクラウドにしました!

オフィスを選ぶ

固定費をなるべく抑えるため、最初はコワーキングオフィスでサービス開発をすることにしました。僕の家からは五反田が出やすいので、五反田のPAOというコワーキングを契約しました。

その後、リクルートさんが運営しているTech Lab Paakというイノベーション支援施設の審査をパスし、こちらも使わせて頂いています。ロケーションはApple Store渋谷と同じビル、熱気あふれるコミュニティ、無料のドリンクとお菓子、と至れり、尽くせりです。

昨今の起業熱の高まりで、自治体も活発に創業支援施設を立ち上げていますので、こういった施設を活用するのもよいと思います。

社会保険への加入

法人化すると社会保険(健康保険や厚生年金)への加入が義務になります。負担コストが増えるので、創業間もない会社はこれを無視している会社もあるようですが、これからちゃんと取り締まっていくよ、という方向にあるとのこと。

今後スタッフを雇用していくつもりであれば、安心して働ける職場を作るという意味で加入したほうがよいでしょう。

手続きは、役員報酬額だけ決めて、年金事務所に行きましょう。書類の記入等は、スタッフの方々が懇切丁寧に教えてくれます。

自分(創業者)の役員報酬をどうするか

自分で資本金を入れて、それを報酬で引き出してもしょうがないですよね。報酬の分だけ所得税徴収されてしまいますし。ただ報酬無しにしてしまうと、健康保険や厚生年金のベネフィットが受けられなくなってしまうので、最低レベルということで8万円/月の役員報酬を設定しました。外部からの資金調達が成功したら、もう少しサステイナブルな料金にしようとは思ってますが。

いずれにしろ創業者はなるべく資本燃焼を抑えて、会社全体の評価額(株価)を上げることのほうに注力すべきかと思います。

法人口座の開設

個人のお金と法人のお金を明確に分けるため、法人口座の口座は必須です。個人の口座開設は超簡単ですが、法人口座の開設は意外と大変です。

大きく分けて都市銀行かネット銀行かの選択肢があります。都市銀行はなんとインターネットバンキングを使う場合、毎月2160円もかかります。(普通の口座なら無料)

楽天銀行や住信SBIネット銀行などのネット銀行は、ネットバンキングを使っても維持費はかかりません。

このへんの詳しい情報は、銀行間比較の記事が参考になりました。

基本的にはネット銀行でよいでしょう。

BtoBのビジネスをやろうと思ってて都市銀行だと信用度が増す、毎月何度も都市銀行宛の振込みをする必要があるとか、そういった事情があるなら都市銀行での口座開設を検討すればよいでしょう。

私は楽天OBということで、楽天銀行で開設しました!

審査意外に厳しかったです。事業計画のような書類をFAXで送ったりしました。

法人口座開設にあわせて、この口座に紐づくJCBデビットカードを作ったのですが、JCBのクレカに対応しているサービサーであればクレカと全く同じように使えるので、重宝しています。デビットはコスト発生と支払がずれないので仕訳も楽です。

固定電話番号の取得

携帯電話がこれだけ普及したにもかかわらず、未だに固定電話の番号必須、ということが時々あります。とはいえ、03番号で固定電話を引いても、オフィスや自宅にいつもいるわけではないし、コストは高い。

僕のオススメは、SMARTalk050Plusを使って050の番号をスマホで取得する、です。発話時には、SIMにアサインされている090/080/070の番号ではなく、050の番号が表示され、この050番号で着信することもできます。(ただし、iPhoneは着信時の振る舞いは通常の電話の着信通知ではなく、3rd partyアプリの通知になる)

この2つのサービスの比較記事はこちら

外部投資家からの資金調達

これは奥が深すぎて、1ブログエントリーではカバーしきれないですね。

スタートアップの資金調達バイブル本を読みましょう。

この本は、株式による資金調達について書かれていますが、デット(借り入れ)という選択肢もあります。政策金融公庫の創業融資は個人保証なし・無担保で有融資をしてくれる可能性があります。利子は2%強と、マイナス金利時代にしては高いですが、信用も実績もない会社がこれくらいのコストで資金を調達できるのならばよい条件でしょう。持ち株比率を落とすこと無くある程度の仮説検証を進めたいという際には、非常に有効なオプションになり得ると思います。

さぁ本業にフォーカスしましょう

以上、創業日から僕がEvernoteに貯めてきた手続きのTips大放出でした。

エンジニアリングでは「車輪の再発明を避けよう」という文化がありますが、ビジネス面でも、みんなが同じようにやっている作業とかはオープンなKnowledgeにして、よりユニークな価値を作るための「本業」に集中できる時間を増やしていきたいものですね!

追伸

アスツール株式会社ではiOSエンジニア・サーバーエンジニアを募集しています!(特に自然言語処理ができるサーバーエンジニアさん)

ゼロからのサービス立ち上げ・会社立ち上げにエンジニアとして関わってみたい、という方はぜひお声がけくださいませ。フルコミット大歓迎ですが、本業の傍ら夜だけなど、フレキシブルに対応可能です。

 

船出

3月末をもって、2年半お世話になった楽天を退職しました。

ここしばらく考えてきたことを、自分のためにここに書き記しておきたいと思います。

振り返ると人生の転機は3つあり、今につながっている気がします。

「ハマる」ことで新しい世界が開けた

 

高校時代。幸運にも大学の附属高校に入ったことで、ほとんど勉強しないでも大学に行ける環境を手に入れました。このころちょうどWindows95が出て、BekkoameやBiglobeなどのインターネットサービスプロバイダーが生まれて、という時期だったこともあり、僕もその熱狂の虜になりました。

もう本当に学校の勉強をした記憶は試験前の数日しかなくて、それ以外の時間は目的も無しにとにかくコンピューター、インターネットと戯れていました。自宅の小さな部屋のコンピューターが世界中のデータベースにつながっている、世界中の人とつながっている、という痺れるような感覚がありました。(この興奮は今でもずっと続いてます。)

最初はNiftyServeのフォーラムを見たり、Webページをいろいろ見たりしていましたが、だんだんそれだけでは詰まらなくなって、当時好きだったNBAのReggie Millerという選手のファンページをWebでつくったり、アキバ通いをしてコンピューターを自作したり、PCにLinux (Slackware)を入れてサーバーを立てたりするようになりました。

そんなある日、学校の国語の授業で、自分の好きなことを何でも書いてエッセーに纏めなさいみたいな課題が出て、僕はLinuxの開発コミュニティーについて書くことにしたんです。Linus Torvals氏が個人でつくったOSに、インターネットを通じて、世界中のあらゆる場所から様々な人々が無償で開発貢献をして、Linuxという素晴らしいOSが作られている。その結果、SunやHPといったcorporationのプロダクトと比肩しうるようなところまできている。インターネットによって、人々の働き方、仕事の仕方、さらには暮らし方まで大きく変容していくのではないか、という内容だったと思います。

僕はとくに開発者コミュニティーに何か貢献をしていたわけではなく、ユーザーの立場でプラットフォームの進化というものを目撃し、それを作文にしただけなのですが、その後驚くべき事件が起きました。

その作文を気に入ってくれた国語の先生が、産経新聞と日野自動車の協賛するエッセーコンテストに応募してくれて、めでたく入賞することができたのです。副賞として、アメリカ西海岸を入賞者10名とともに、SFからLAまで縦断する旅が贈られたのですが、この旅は僕にとって大きな転機になりました。

日本に閉じこもっていた18年の後、はじめて外の世界に触れた新鮮さ。アメリカのクラスルームのカジュアルで活発な雰囲気。英語が話せず、十分に直接対話ができないもどかしさ。

様々な刺激を受けて、大学進学後はアメリカに交換留学で行きたいと考えるようになり、英語のガリ勉を始めました。自分の本能に従い、好きなことをとことん極めると、何か新しい道が自ずと開けてくるという原体験でした。

 

ソニーでの挫折

 

新卒ではソニーに入り管理部門に配属されたのですが、入社後4年で社内募集に応募し、ソニー・エリクソン(現ソニーモバイル)に転籍し、念願の携帯電話の商品企画に携わることになりました。

ハードウェア・ソフトウェア含めたユーザー・エクスペリエンスの企画や、商品をコンセプトからマーケット・インまで導くドライブ役を任せてもらい、本当に素晴らしい経験をしました。

一方、大きな挫折もしました。

本社があったスウェーデンに赴任して2年目、従来の携帯電話とは異なる、全く新しいコンセプトのプロダクトを任されました。この時幸運だったのは、単なる紙の企画書止まりではなく、デザイナー、開発者も巻き込み、プロトタイプのチームを作ることができたことです。僕はこのプロジェクトで目指していたビジョンに心から納得し、この後1年間、全てをこれに注ぎ、プロダクトを研ぎ澄ますことにフォーカスしました。プロトタイプも完成し、ビッグネームの会社との協業の話も進んでいました。

世の中に全く存在しない価値の仮説をつくり、そのビジョンに共感する少人数のチームによって、驚くべきスピードでプロダクトを作っていく、という擬似スタートアップのような体験だっと思います。

しかし残念ながら、その後会社の業績が芳しくなくなり、Marketabilityがクリアに見えないこのプロジェクトはある日終了となってしまいました。僕のキャリアで最も楽しく、辛く、学びの多かったプロジェクトでした。(今にして思うと、プロダクトに時間を費やしすぎで、もっと資本家であるトップマネジメントへの説明・啓蒙に時間を割くべきでした。)

このことをキッカケに、会社のリソースに頼るのではなく、いつか自分の力で、大きな仮説を世の中に問うことができるようになりたい、と思うようになりました。

この後、楽天に転職し、様々なプロダクトを任せて頂き、少しずつ実績を積んでいけたことで、自分でもできるのではないかという自信が芽生えてきました。

 

迷いを断ち切る

 

事業を興して自分の可能性を試してみたいという思いが強くなる一方で、正直迷いがありました。

一番大きな迷いは「失敗への不安」です。

イケてるチームとイケてるプランがあれば、ある程度成功確率はあげられるものの、絶対成功する起業っていうのは存在しないです。なので、安全圏に住み続ける「確率」を考えたら、賢くない選択になっちゃう。

そんな中、30歳をすぎたあたりから立て続けに祖母、祖父が亡くなりました。自分もいつかは死ぬんだ、という当たり前の事実を始めて実感し、少しずつ意識が変容していきました。

成功って何だ? と。

人より長生きすること?人よりお金をかせぐこと?ベストセラー小説を書くこと?

今まで成功というのは結果のことばかりだと思っていました。でも結果を突き詰めると、人生の結果は常に「死」。事業に成功しようと、ベストセラー作家になろうと、慈善事業に一生を捧げようと、結局リセットされてみんな土にかえるんですよね。身も蓋もないですが。

だとすると、どう自分の人生を生きたかというプロセスにこそ意味があり、過去でもなく未来でもなく今という瞬間を大切に考えるようになりました。

なんとなく違和感を感じながらも成功確率を追う人生よりも、結果はどうなるかは分からないけど、今、目の前のこの瞬間に100%の納得感を積み上げた人生こそ成功じゃないかなと。

一方リスクについても考えました。

真っ先に考えた一番大きなリスクは、事業が全て失敗し、露頭に迷い、衣食住に困るという事態。

そもそもしっかりした事業を興して最後まで全力を投じれば、たとえ失敗しても、セカンド・チャンス、サードチャンスのための資金を得るチャンスはあるかもしれないし、これまでの仕事で培ってきた信頼で何がしかの職を得ることもできるかもしれない、さらに日本で仕事が見つからなければ海外に飛んでもいい。最後は実家に帰ってもいいや。まぁ死にはせんわ、と。

深く考えていくと、本当に怖いのは、今まで貯めてきたものを「失う」ということなのだなと思いました。大した学歴もキャリアも無い僕ですが、時間の経過とともに、周りの評判とか、年収とかは積み上がっていき、失うものが増えていくのも感じていました。これはやばいなと。早く裸にならなければ、この「現実」から抜けだして、自分の思いに正直になる機会を失ってしまう、という焦りです。

時間が経過すればするほど、自分の感じるリスクは増えていく。リスクを最小限に抑えるためにも、早く動かなければならないと感じました。

 

これから

 

というわけで、3月末をもって会社を辞め、完全裸一貫のスタートとなりました!

思えば高校時代より、テクノロジーの世界に触れ、驚くべきスピードとスケールで人々の暮らしぶりを変わっていくのを間近で見てきました。

僕がインターネットの世界が好きなのは、同業、競合関係なく、みんなでこの世界をよくしていこうという、ある種idealisticな雰囲気によって、エコステムが出来上がっているところです。ウェブ系の会社の人同士の繋がりが強いのも、株式会社日本のインターネット、みたいなところがあるからだと思いましたし、シリコンバレーもそんな感じだと思います。

これまではそのコミュニティーが作りだす波に乗って、様々な心躍る体験をさせてもらいましたが、これからは、世界をさらに進化させていくようなコンスーマーサービスを作ることで、恩返しをしていきたいです。

よく会社はいつ登記するの?とか資金調達は?と聞かれるのですが、まずはユーザーに喜んでもらえるプロダクトづくりとチームづくりにフォーカスします。

今後半年程度をかけて、ひたすらプロダクトを作りつつ試行錯誤・悪戦苦闘していきたいと思います。サポートの程ぜひよろしくお願い致しますmm

© 2017 プロダクト道

Theme by Anders NorenUp ↑